ゆるいブログ

毎日おもったことや、やったことをただただ書いていくブログです

INNOVATION STACKが面白かった

INNOVATION STACKが面白かった

図書館でたまたま見かけたので借りてきました。

山形浩生先生の訳した本は読みやすく面白い本が多いのですが、本書もとても良かったです。

Block(旧Square inc)の共同創業者が書いた本です。Blockと言えばTwitterの創業者でもあるジャック・ドーシーが有名ですが、本書を読んでいるとジム・マッケルビーも非常にエネルギッシュで有能な人であることがわかります。

本書の主題はタイトルにもある「INNOVATION STACK」で、STACKというのは「積み重ね」を意味します。STACKはプログラミングでよく利用するデータ構造の一つでもあります。「INNOVATION STACK」というのはそのまま「イノベーションの積み重ね」という意味です。今までに誰も解いたことがないような問題に対する解決はたった一つのアイデアで済むものではありません。そんなにシンプルな問題なら以前に誰かが解決しているはずです。アイデアを採用しようとしたら直面する困難が必ずといっていいほどあります、その困難をひとつひとつ解決していくことになります。そして構築された「イノベーションの積み重ね」が外部からの企業の参入を防ぐ堀となるというのが本書の主張です。

Blockは多様な金融サービスを提供している会社ですが、設立当初はスマートフォンで利用できるクレジットカード決済端末の会社でした。あるときAmazonが参入してきます。しかし、Amazonはわずか1年ほどで撤退しました。

f:id:twainy:20220116061733p:plainf:id:twainy:20220116061629p:plain

イノベーションの一つや二つをコピーうまくコピーするのは不可能ではありませんが、「イノベーションの積み重ね」全てをうまくコピーするのはAmazonほど優れた企業にも難しいということです。

 

例えばBlockの「イノベーションの積み重ね」として14個紹介されているのですが、上から3個を挙げると以下のようになります。

1「シンプルな料金体系」: クレジットカードの取引手数料は紙を輸送する費用として徴収していたのですが、現在も徴収されています。こういった意味を喪失した費用を排したシンプルな課金サービスを作りたいと考えました。

2「加盟無料」:Blockは顧客からは取引手数料を取りませんが、クレジットカード会社には取引手数料を支払う必要があります。ですので、少額取引だと損をしてしまうので大量の取引を行う必要がありました。そこで急成長するために加盟料は無料としました。

3「安いハードウェア」: 加盟店は気軽に加盟してくるので、ほとんどは使われない恐れがありました。ですので経費を抑える必要がありました。そのために安いハードウェアが必要でした。最初のカードリーダーの製造原価は97セントだそうです。

下の「イノベーション」は上の「イノベーション」で発生した課題を解決するための必然的に解決しなければならない課題となります。

こうしてできた「イノベーションの積み重ね」が Amazon の参入を防ぐための堀になりました。

 

こういった「イノベーションの積み重ね」がある例としては、テスラが思いつきました。テスラはエネルギー問題の解決のための企業として設立されました。単純にEVを作るだけではなくバッテリーや電力システムなどのエコシステムを作り、製造を加速するためにロボットに支えられたテスラギガファクトリーを作り、間接費を抑えるために広告を出すのをやめ、Elon Maskの言動に注目を集めることでテスラ車の宣伝を容易にしています。

 

本書にも書いてある通り、「イノベーションの積み重ね」というのは困難な課題を解決するために必然的に生まれるものなので、知ったところで真似できるものではありません。しかし、新規産業の中核企業がGAFAMのような大資本かつ経営層も現場も優秀な巨大企業に対抗できる理由の一つがわかり面白かったです。

 

また、ワンアイデアでものを作って困難が出てきたら諦めるのではなく、アイデアを積み重ねて作り上げていくというのはとても良い考え方なので積極的に真似をしていきたいと思います。

ベイズ統計学を勉強したい

ベイズ統計学を勉強したい

ずっとベイズ統計学を勉強したいと思っています。なんでベイズ統計学を勉強したいのかというと、仕事で未知の状況から結果を予測するという状況に置かれることが多いからです。

新しく出るゲームのユーザーがどれくらい来るのか、何を遊ぶのか、何に興味あるのか、なんてサービスインしてみないとわからないのですが、サーバー屋さんとしては事前に準備しておく必要があります。

こういう未知の状況に対してテストプレイといった少数の標本から未来を予測する、適宜予測を変更していく、ということができたら武器になるんじゃないかなと思っています。

ということでベイズの入門書を買って今日はひたすら読もうかなと思っています。

確定申告やらないと!

確定申告をやらなくてはいけないのですが、去年は仮想通貨の利確とか一般口座での外国株投資とか面倒くさそうな話がたくさんあって正直確定申告やるのが億劫です。

週に1日しか完全にフリーな日がないのに、その日を確定申告に使うのもったいない!嫌だ!でもいくら払う必要があるのか早めに知っておきたい!

 

そんなもろもろを叶えるために今週か来週か有給休暇取って確定申告しようかなと思っています。

固形物を食べると調子が悪くなる?

ポテトチップスなどのお菓子を一袋空けると身体の調子が悪くなってしまうというのに最近悩まされていて、血糖値が急上昇しているせいなんじゃないかなと思っています。

toyokeizai.net

その他に胃が疲れてしまっている可能性も疑っているので、夕飯以外はコーンスープやヨーグルト、ソイプロテインなどの液体っぽいものを摂取しています。家族で食べるのは夕飯だけなのでまともに食事をしなくても問題ありません。

 

ただ、たまに猛烈にお菓子がたべたくなるんですよね。

馬鹿食いしてしまった日は明確に生産性が下がるので止めたいなと思うのですが、どうしても数日に一回の反動は避けられていません。

 

また、毎日流動食を食べていると、この高齢者みたいな食生活しているな、と我ながら思います。ただ、メリットは大きいんですよね。食事時間や血糖値を安定させるための休憩が必要なく、一日の稼動時間が削られないのは助かります。

 

また、過食になりづらいのもありがたくて、固形物を食べると不思議ともっと固形物を食べたくなって食べすぎてしまうんですよね。液体だとお腹が膨らんでしまって、追加で食べる気が起きないのでなかなか便利なんです。

 

まあもうしばらく様子を見ようかなと思っています。

オミクロン株の状況確認

オミクロン株の状況

UKがようやく落ち付きを見せ始めました。

期間としては想定通りかむしろ早いくらいですが、落ち付くまでは緊張感がありますね。

 

f:id:twainy:20220114065135p:plain

アメリカも勢いはある程度弱まったようですがこちらはまだわからなそうです。もう一伸びする可能性があります。

f:id:twainy:20220114065418p:plain

まあみんな予想はしていると思うのですが、日本はまだまだこれからです。ワクチン接種から時間が経っている人がほとんどなので感染拡大は避けられないだろうと思います。

ブースターショットとオミクロン株どちらが早いのかというとオミクロン株の方が早そうですよね。

f:id:twainy:20220114065549p:plain

グロース株がまたやられた

今日のグロース株はゲロ下げています。

f:id:twainy:20220114070422p:plain

ブレイナード副議長がインフレ抑制に関する発言をしたことで期待インフレ率が下がり実効金利が上がったことでグロース株のバリュエーションが低下したためと思われます。

jp.wsj.com

また、モーゲージ金利の上昇による住宅価格の押さえ込みや中古車市場の落ちつきから見ても予想インフレ率は低下が見込めそうです。

FRBの政策はインフレ率によって決まり、予想インフレ率は実体のインフレ率に先行するので、予想インフレ率の低下→実体インフレ率の低下→FRBの政策変更という順番になる以上、どうしても目先は実効金利が上がるためグロース株は下がり続けます。

というのは理屈ではわかるんですが、グロース株がこれから先の決算シーズンで上向くことも十分に考えられるので、それなりにグロース株も保持したくなってしまうんですよね。

まあある程度はバリュー株の上昇で相殺できるのと、さすがにハイパーグロース株は割安だと思うので握力で握り続けるしかないかなと思っています。

藤井4冠 B級1組順位戦2敗目

千田七段戦ですが、防戦一方の展開になってしまいそのまま敗北。

まあそれでも一番昇級に近い位置にいるので大丈夫だろうとは思いますが、ここから先一敗もできない状況になりました。

オープンソース活動をしたい

オープンソース活動をしたい

夜は子どもの世話をしつつ眠くなったらベッドに行くのでもうこれは何かをやるとした4ら朝やるしかないな、ということで朝にプログラミングをすることに決めました。

ただ、NY市場と被るので時間の使い方が難しい。

このブログも朝書くことにしているので、朝の用事が大渋滞ですね。

4:00起きで色々こなしていくのが理想ですが毎日4:00起きは結構きびしい気がする。

今はだいたい5:00起きです。

左右分離キーボード予想外に良い

昨日から使い始めたのですが、なぜか仕事が捗りました。

肩こり対策で使っているのですが、むしろ肩こりについては仕事中に意識することが増えました。姿勢が縮こまっていない証拠なのかも。

カニカルキーボードの打鍵音が好きで打っているとやる気になります。

まだ1日しか使っていないので様子見。

米国株今日は反発

ここのところやられていた米国株が今日は大きく反発しました。

JSTの23:00頃に反発していますが、何があったんでしょうね。

www.bloomberg.co.jp

パウエル議長の発言で今年中のバランスシート縮小という発言が出ました。

特に新しい発言はないように見えます。

引き続きバリュー株優位の相場に見えます。

jp.reuters.com

FRBが23年末には1.75%の利上げを目標にしているということで、インフレが落ちつけば1.75%の利上げになりますし、インフレが加速すればそれ以上になるかもしれません。

10年債金利は相変らず1.75%なのでここが債券投資家はこのへんが上限と見なしているんでしょうね。

やはり何よりもインフレに注目が集まっているのが今の市場環境なので明日のCPIが非常に重要ですね。

 

キーボードを変えてみました 

キーボードを変えてみました 

同僚から譲ってもらって左右分離型のキーボードに変えてみました。

肩こりが少なくなるらしいのですが、現状は変な態勢になってしまい、逆に肩にダメージがあるかも。

胸を開いた姿勢でキーボードが打てるのが良いですね。椅子の肘掛けに手を置いたまま胸を開いて打てるので呼吸がしやすく、慣れたら確かにこちらの方が良さそうです。

ずっとThinkpadの赤ポッチ信者だったのですが、どんどん作りが安っぽくなってくるし、赤ポッチのためだけにこのキーボードに固執するのもうんざりしたので積極的に他の選択肢を探っていこうかなと思います。

大学生時代に赤ポッチが人気だったこともあり、中年プログラマにはこの赤ポッチのキーボードが大人気で、自分の周りでも未だに支持率は30%は超えています。ホームポジションを保ったままカーソル移動もできるというキーボードから手を離したくないズボラなプログラマ向けの製品なのですが、ほかのメーカーがまったく追従せず、たまに追従しても次のモデルでは元に戻すなど、一般的には不人気なんでしょうね。

学生時代からずっと赤ポッチキーボードを使っていたのですが、もういいかげんそういう時代ではないのだろうなあ、と思っています。

これのせいで買えるノートPCがThinkpadに限られるというのも辛いポイントです。MicrosoftSurface で生きていきたいと考えているので、この際にキーボードを変えてしまおうかなと思います。

読んだ本

以前読んだ「論文の教室」が面白かったので、たまたま書店で見かけた同系統の書籍を読んでみました。

問いが大切といった論文の教室とかぶる記載もありつつも、KJ法やマトリクス分析でアイデアをまとめる方法や半構造型分析で定型的ではないインタビューの仕方などについても語られています。

タイトルの印象と異なり、「論文の教室」よりもさらに「論文」を書くことに特化しているような気がします。論文になりそうな問いを立て、アイデアをまとめ、インタビューをし文章を整理して論文として発表する。という一連の流れが書かれています。本書に比べると「論文の教室」は文書を「書く」ことに特化した本でした。

以前読んだのですが、全然頭に入っていなかったので再読しました。

読み直して、記憶に残らなかった理由がわかりました。タイトルから金利に関する体系的な理論書を期待していました。序盤の景気サイクルや長短金利差の話は期待通りです。一方で日米欧の金利政策の話はあくまでその当時の観測で、今はそんなに役には立ちません。また、金利に関する理論について書いてあるというよりは金融緩和/緊縮あたりのトピックについていろいろ語っている本でした。

今は昔よりも金利に関する注目度が上がっており、解説も山のようにされているのであえて本書を読まなくても良いなあと思いました。

金利に関してはこれを読んでおけば良い」という本を探しているのですがまだ見つかっていません。中央銀行の政策次第なところはあるので、金利に絞るよりも金融政策というより広いジャンルについて学んだ方が良いのかもしれません。

個人用Wikiが欲しいと思う病

個人用Wikiが欲しいと思う病

HackerNewsにBookStackが上がっているのを見てWikiが欲しいなと思ってどうやって構築しようかなと10分くらい考えたのですが、そういえばよくWikiが欲しくなるけど立てたところで全然使ってないんですよね。

www.bookstackapp.com

色んな考え事を整理するために自由に書けていつでも見れる場所が欲しいと思ってWikiを用意することが良くあるのですが、その後ほとんど使っていません。

ちょっと不思議に思ってなぜ使わないのかを考えたのですが、以前書いたドキュメントがあまり便利ではないということが全てだと思います。

 

今の興味とは微妙に違うポイントから書かれている文章なので今の興味にはあまり参考にならないし、情報の追記をする場合には既存の文章を理解し破綻しないように修正していく必要があるので面倒くさいです。

なので文章というのは temporary な思考を整理するためのツールであると割り切って書いた上から捨てて行くのが正しい使い方のように思えます。

 

そして書き捨てるならnote.comやブログに書き捨てれば誰かが見てくれる可能性もありますし、自分しか見ることができないWikiに書き捨てる意味はあまり無いです。

 

文章というのは書き捨てなのだということを念頭にこれからも文章を書いていきます。

子育てはやっぱり大変

子育て大変だなあと思っている

成人の日も含んで3連休なのですが、うち2日は子どもと一緒にいるので実質的な休みは1日しかなく、なかなか厳しいなと思っています。残り1日は奥さんに面倒を見てもらう予定です。

もちろん子どもはかわいいのですが、休みがなくなるというのがかなりきつくて、なんとかならないかな。子どもが一人で遊びに行くとかになれば楽になるのでしょうが、それって何年後なんだよっていう話ですよね。自分が特別厳しいとは思っていなくてむしろ平均よりは楽している方だとは思うのですが、それでも自由になりたいなあとは思いますね。2週間くらいすべてをほったらかしたい気持ちがある。

 

まあ、子どもの世話をしているときは場所と目は拘束されるけど考え事はできるので、頭の中で方針を練ることは意外とできたりします。ですが、そもそもインプットが足りていない気がしていて今はもうちょっと勉強したいですね。根本的に頭が悪いので何やっても意味がない説はなくもないのですが。

 

技術の勉強にあまり熱心ではなくなっている

最近は技術の勉強をしなさすぎている気がしていて、もうちょっとやった方が良いと思うのですが、では何をやるべきなのか。

 

あまり良い技術書が出版されなくなってきたなあ、と思っています。もともと本は入門者向けの書籍がやたらと多くて、少し難しくなると無料の公式ドキュメント読んだ方が良いよね、というものが多いですし。むしろなぜ昔はあんなに買ったのか。

今は自動飜訳の精度が悪くなく、技術文書についてはまったく意味のわからない文書のなるということの方が少ないです。なのでRFCや公式ドキュメントで済ませてしまうことが多いです。

 

また、勉強しても何かが変わる気がしないというのが問題で、技術で突き抜けたスーパーハッカーには今さらなれないですし、技術じゃなくてプロダクトで世界を引っ張っていく技術者になれるかというとなれる気はまったくしないですし。

また、今の会社とか優秀な人が多すぎてちょっとやそっと勉強したところで上回れる気はまったくしないんですよね。

同程度の技術力でも有名企業のCTOをやっている知り合いもいるので、技術力じゃないんだろうなとは思うんですが、マネジメントとかコミュニケーション能力とかいうとより一層ないという悲しさ。

他の人が見たことがない/想像したことがないものを作り上げてこそ始めて評価されると思います。

とか色々考えて技術に投資してもなあ、とか思って勉強を疎かにしてしまいます。

 

どちらかというとアイデアマンになるべきだと思っているのかもしれません。

クラウド各社の社内で技術が成熟し、よほど特殊な要件でなければクラウド上にサービスの組合せで堅牢かつ安価なサービスを提供できるようになってきています。

サーバー向け技術者としては書籍を読んで勉強するというよりは色んなクラウドサービスを触り、組み合わせて良いサービスを生み出せるようになることを目指した方が良いのかもしれません。とはいえそこもレッドオーシャンなんだよな。

 

考えがまとまっていません。時間があれば手当たりしだいに手を出してみるんですが、そうもいかないしなあ・・・というところ。

長期投資分ががっつりやられて短期投資分が儲かっている

長期投資は買う時に直近下がっていても最低5年は持っておくつもりで、買っているので目先の下げは気にしていないのですが、短期投資分は上手く地合が取れて去年からずっと儲けています。

長期投資では金利や金融政策の動向を気にせずにストーリーで投資して、短期投資は市場動向を気にして良さそうな時にリスクを気にせずに入るという使い方をしています。

今の金利や金融政策の動向を気にしない長期だとハイパーグロース株が勝つ未来しか見えないのでハイパーグロース株を中心に固めているので、当然今の市場ではボロボロに売られます。

短期投資の利益が長期投資の損失を補うために使われていて、なんかおかしくね?とは思うのですがでも長期だと結局はバリュー株ではなくハイパーグロース株が勝つと思っているんですよね。なので仕方ない状況ではあるのかな。