ゆるいブログ

毎日おもったことや、やったことをただただ書いていくブログです

どうしてもダラダラした日をすごしてしまう今日このごろ

WFH引き続き

他に気を取られるので自宅作業は向いてないだろうな、とは思っていたのですが思ったよりも作業が進みません。

なかなか集中力を持続するのが難しくて、体調が悪くなった時のリカバリも遅い。

雨続きで嫌だなあ、と思いつつも仕事をこなしています。

 

時間を作って勉強とか開発とかをしたいのですが、あまり仕事の進捗もよろしくないので進まない悪循環。

株価大回復

資産もだいたいNYダウ連動くらいの回復です。

完全に元に戻ったわけではないけど半分くらいの傷は癒えたな、という印象。

f:id:twainy:20200519092212p:plain

将棋イベントがなさすぎてつらい

心の支えの将棋イベントがないのが辛いです。

対局は毎日行われているのですが、動画は再放送の嵐で新規はないですね。

 今泉先生の中飛車本を読んでいるのですが、あまり気がのらなくて進まず。

 

グノーシアがおもしろかった

グノーシアをクリアしました

http://d-mebius.com/gnosias/

気になっていた人狼ゲーム風ADVです。

何度か人狼ゲームをやったことはあるのですが、毎回いきなりバレたりバレないように喋らないでいたらあっという間に吊るされたりと嫌な思い出しかありません。完全にコミュニケーション強者のためのゲームという印象を持っています。

というわけで人狼ゲームは苦手意識しかないのですが、ゲームで慣れればコツがわかるかも、ということで人狼ゲームを買ってみました。

 

 

非常に面白かったです。これは人狼ゲームに興味がある人にはオススメできます。

1ゲームは5-7分程度で終わります。Trueエンドまで遊びましたが、クリアまで137ゲームしました。

みまもりスイッチによるとゲーム時間は3日で18時間くらい遊んでいたらしいです。そんなに遊んでたのか・・

 

ゲーム中の立ち回りは議論を主導しようとすると速攻で吊られるので、他のプレイヤーへの相槌や反論で目立たず議論を誘導していくようにしていました。

キャラクターにステータスがあり、少しずつパラメータを上昇させていくと、少しずつ周囲から吊らされにくくなっていきます。(とはいっても吊られるときは吊られますが)

誰が人狼かわかったとしても、人狼側でうまく協力者を集められて吊られることもよくあります。

f:id:twainy:20200506115404j:plain

 

とにかく1ゲームが短いので、失敗してもあまり気にせずにがんがん進んでいけるのが良いですね。運ゲー的な部分も多いのですが短いので失敗してもそれほど苦痛ではありません。

また、ストーリーが進んでくると各キャラのサブストーリーが解禁されていきます。それによってキャラに対する思い入れが少しずつできていく構造も良いです。キャラクターの人数はMAXで主人公含めて15人になります。

8人~15人でゲームをすることになります。設定上は5人からゲームをできますが、ゲームストーリーを進めるにはある程度の人数が必要になります。

f:id:twainy:20200506115329j:plain

SF的な世界設定ということもあり各キャラクターは個性がありすぎて、まともな登場人物がまったくいませんが、それはそれで味があってよいですね。

次回作があるようなら、もうちょっと現実的な設定でもプレイしてみたい気もします。

後半のストーリーは吊られやすい仲間を守って最後までいくものや、強い敵キャラを吊るすのが目的になったりします。これらはこのゲームにしては難易度高めなのですが、達成感があって良いです。まあ難易度が高いといっても3~4回もチャレンジすれば超えられる程度の難易度ですが。

 

 

 

 

最近遊んだインディーズゲームでは一画面勇者も面白かったです。

https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm13800

ゲーム開始直後の画面のインパクトの高さが良いですね。

どこに何のイベントがあるかわからないため、どの方向に向かっていけばいいのか手探りの状況から開始して、少しずつどこに何のイベントがあるかを把握していき上手くこなせるようになっていくのが楽しいです。

f:id:twainy:20200506121219p:plain

 

三体を読み終わった

三体を読みました。 

三体

三体

  • 作者:劉 慈欣
  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: ハードカバー
 

中国の作家が書いた三体問題を題材にしたハードSFです。

三体問題というのは3つの質量を持った天体があると仮定して、それぞれの軌跡は互いの重量が干渉しあうため、複雑になり一般解を出すことができない、というものです。

 

致命的なネタバレにならない範囲で感想を書きます。

作中に出てくるVRゲームはこの三体問題を題材にしています。高度な技術を使って作られていますが、ゲームを作った目的がよくわからない、という代物です。

このVRゲームの部分は小説中で一番オリジナリティにあふれ面白い部分だと思います。

荒唐無稽だけどスケールが大きく、上手く伏線も張られているため謎が解明された時にはなるほど、と納得しました。

 

終盤はこのVRゲームがXXXを模したものだった、という話になり、謎の解明へと話が繋がります。

三体問題という問題の難しさ・美しさに比較し、終盤はどうにも人間の愚かさに焦点が当てられており、SF的な舞台装置はSFらしく風呂敷が極限まで広がった大ボラが展開されます。

終盤がどうも尻切れトンボだなと思ったら続編があるんですね。

 これは読むの大変そうだし買うの悩むなあ。

三体2 黒暗森林 上

三体2 黒暗森林 上

  • 作者:劉 慈欣
  • 発売日: 2020/06/18
  • メディア: 単行本
 
三体2 黒暗森林 下

三体2 黒暗森林 下

  • 作者:劉 慈欣
  • 発売日: 2020/06/18
  • メディア: 単行本
 

 

 このすば最終巻を読みました

今までちょくちょくオリジナル展開があったような気がしますが、今回は小説家になろうに連載していた時とほぼ同内容だった気がします(既視感から判断しているだけで実際になろうでどうだったかは覚えていない)

大団円で良いですね。

 

 Abemaトーナメントチーム稲葉vsチーム天彦を鑑賞

子供の面倒を見ながら見たりしたので棋譜の内容は正直ほとんど追えず。

結果はチーム稲葉の0勝6敗ということでずいぶん厳しい結果になったな、と思います。

 

休みなので読書

 

休みなので読書

 以下を読みました。

どれも詰ん読で進んでいなかったもの。

明日はこのすば最終巻の発売日なので、読もうかなと思います。

三体

三体

  • 作者:劉 慈欣
  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: ハードカバー
 

 

 

緊急事態宣言を1ヶ月延長見込み

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58626910Z20C20A4MM8000/

1ヶ月程度緊急事態宣言を延長する見込みのようです。

会社も5月末までリモートワークを延長していたので、まあそれ事態は痛くもないのですが、将棋の棋戦が進まないのが個人的に残念ですね。

段階的に解除してくれれば長距離移動はあっても将棋の棋戦は3密というわけでもないので、早い段階で再開できる見込みもあったのですが。

 

stay home

4/29 祝日です

が、何をしようかほんとに困る

子供と遊ぶにしても公園に行くくらいしか選択肢がなく、子供と遊ばないという選択肢はないので読書とかゲームもやりづらく、どうしたものかな。

戦法を勉強

まだよく知らないものも多いのでひまだったのもあり、読んでいました。

振り飛車党なので中飛車穴熊や石田流三間飛車について、学んで軽く対局。

振り飛車に弱いのでなんとかしたいです。

本も映画もない

図書館が閉まってるしジュンク堂みたいな大きな書店も閉まっているところが多いので対処に困ります。

FF7Rの動画を見る

安くなったら買おうかなと思ってたのですが、テレビの前でゲームをするのがもうちょっと子供が大きくなってからじゃないと厳しいな、と思うので動画で済ませました。

最終章は動画配信禁止だからその前しかわからないんですが、キャラクターが表情豊かになってるのはいいですね。

 

 

リモートワークしてます

コロナ問題でひきこもって以降更新をサボっていました。

行きの電車の中で書くブログだったので、リモートワークになり、電車に乗らなくなった時点で更新するタイミングがなくなり、更新をサボっていました。

定期的に自分の行動を見つめなおす、ということでブログをつける習慣は良いことだと思うので復帰。

リモートワークの感想

ちゃんと仕事をしなきゃ、というプレッシャーが強いですね。会社だと仕事以外することがないので、意識しなくても仕事するしかないのですが、リモートワークだと子供の世話とかちょこちょこ挟むので問題にならないようにしないとなあ、という気持ちが強い。社内にVPNで繋いでいるので休んでるの監視されないかなあ、という疑惑もあり。

まあ思ったよりは仕事ができています。7-8割くらいの生産性。

移動時間がかからないというメリットは大きいですね。

運動不足はリングフィットで解消しています。

ビルダーズ2を買ったものの即封印

 最近リングフィットと藤井聡太の将棋トレーニングしかやっていなかったので、セールで4割引ということもあり、前から気になっていたビルダーズ2を購入。

 面白いけど、あまりに時間を使うので一旦ゲームを削除しました。

コロナウィルスの状況について

正直前回書いたタイミングではここまでの騒動になるとは思っていなくて、自分は今回常にかなり楽観視してしまっていたという反省があります。

想定しうる可能性のなかでもかなり楽観的な予想を選んでいました。

そもそも性格がかなり楽観的なのでそういう自覚を持った方が良いですね。

東京は昨日の新規感染者が72人ということで、このまま進めば5/7には毎日~20人程度の感染者に抑えこめるのではないかな、と思っています。

ただ、それで緊急事態宣言を解除するわけにもいかないですよね。

Abemaトーナメントについて

https://abema.tv/video/title/288-23

イベントが特にないので、楽しみがこれだけになっている状況です。

土曜の夜が完全に潰れるのは痛いですが面白いですね。団体戦

Aグループでは豊島チームを応援していたのですが、プレーオフの末、無念の敗北。

しかし出場した棋士全員の人柄を知れて好感度が上がりました。特に振り飛車チーム。

 

疲れが貯まる

なんか疲労感が強いです。家ではほとんどぐったりしていました。

昨日は21時就寝の5時起き、家を出たのは6時30分すぎ。

年をとってから体力が衰えてるのを感じており、どうしたものかな、と思っています。

肉体的な体力ではなく精神力がない。willpowerがないのです。

WILLPOWER 意志力の科学

WILLPOWER 意志力の科学

 

仕事やりすぎなのか、将棋やりすぎなのか、その他の原因なのか。

休みたいなあ、と思っています。

外から見ると全然忙しそうにはみえないのになあ。

株価に関しては死んだふり

ここまで来ると脳死して回復を見守るしかないですね。

来年までの今頃までは何もしません。